【E元素Z88レビュー】格安中華キーボードを3年近く使い続けた話【顔がいい】

PC・ガジェット

キーボードもニーズにあわせて様々だと思うんだけど、僕は3年間も6,000円のメカニカルキーボードを使い続けたのでその話をしたい。

レビューとは書いたんだけど実際中華の格安キーボード、E元素ってどうなのさっていう話がしたいので外装がどうとか付属品がどうとかいう話は詳しくしない。箱も捨てたし。

2年半だけど面倒なので3年ということにする。2年半も使ってあと半年で使用感が変わることはないでしょう。

E元素メカニカル式ゲーミングキーボード104キー 茶軸・赤軸・青軸アンチゴーストキー RGB発光LEDバックライト付き 標準英語配列 防水機能付き Windows XP/Vista / 7/8/10対応のゲーム用キーボード(赤軸,ホワイト) [並行輸入品]
E元素メカニカル式ゲーミングキーボード 赤軸アンチゴーストキー RGB発光LEDバックライト付き 標準英語配列104キーUSB有線ゲーム用キーボード 防水機能付き(赤軸,ホワイト)

5年間で購入したキーボードはこれだけ

キーボードって好きな人は好きだから何台も持ってたり、別にこだわりがなくても故障等々で買い換えたりすることがあると思う。

俺はパソコン歴6年でキーボードを購入したのはこの一台だけ。(この前までは)

ノートパソコンだったり一体型パソコンについていたキーボードを使ったりで、キーボードを別途購入したのはこのE元素のキーボードだけ。

音ゲーやるのにメンブレンキーボードじゃ気分上がらないな~とか思って買ったんだと思う。

で、その後パソコン自作してFPSとかやるようになっても3年間故障することもなく別のキーボードに浮気することもなく使い続けた。

こんな格安な中華キーボードをここまで使うってことはそれなりの魅力があるはずなのでそちらをレビュー。

6,000円は格安なのか?

6,000円が安いと思うのかどうかはどれだけキーボードに沼ってるかのいいバロメーター。

Amazonで「キーボード」と検索して一番上に出てきた、ベストセラーの[Logicool MK295GP]は3,400円。しかもマウス付き。

ロジクール ワイヤレスマウス キーボード セット MK295GP 静音 防水 無線 USB接続 Unifying非対応 MK295 グラファイト 国内正規品
従来モデルより90%の操作音を削減した静音キーボードとマウスのセットが登場。ロジクール独自の新技術SilentTouchテクノロジーを採用したこの静音キーボードとマウスのセットはタイピング感覚やクリック感覚はそのままに、静かな場所でも人を気にせず作業することができます。 キーボードは8つのショートカットキーとテンキーを...

で、その横にあるのは[バッファロー BSKBB105BK]。こちらもかなりの定番キーボードで、なんと1,980円。

バッファロー Bluetooth5.0 対応 フルキーボード Windows/Mac/iPadOS/iOS/Android/PS4 テレワーク リモート 在宅 ブラック BSKBB105BK
●Bluetooth5.0●3台の接続機器を簡単に切替可能●フルキーボード

ワイヤレスの方が安いし有線で6,000円って全然安くないじゃーん!!ってなると思うんだけど、これはメカニカルキーボードなのよ。

メカニカルキーボードってなんですかって話は他所の解説を見てほしい。長いから。

軽く説明すると、打ち心地と反応速度がいいキーボードで、その打ち心地の正体であるスイッチがそこそこの値段するしそれがキーひとつひとつ計104個も付いてるんだから当然メカニカルキーボードって高くなるよね。みたいな。

上記のキーボード2点はどちらもメンブレンキーボードと呼ばれるもので、こちらは基盤一枚あればキーひとつひとつに必要なのはゴムバネだけだからかなり安価に生産できるわけ。

先程のキーボードの同社製品、[Logicool G PRO X]は12,700円。たっけー!

Logicool G PROゲーミングキーボード テンキーレス GXスイッチ リニア 有線 メカニカル キーボード 静音 日本語配列 LIGHTSYNC RGB 着脱式ケーブル G-PKB-002LN 国内正規品 ※別売りのGXスイッチの入れ替えはできません
Logicool G PROゲーミングキーボード テンキーレス GXスイッチ リニア 有線 メカニカル キーボード 静音 日本語配列 LIGHTSYNC RGB 着脱式ケーブル G-PKB-002LN 国内正規品 ※別売りのGXスイッチの入れ替えはできません

ワイヤレスともなると25,873円。やばい。値上げしたうまい棒でも2156本買えてしまう。

Logicool G ロジクール G ゲーミングキーボード テンキーレス ワイヤレス G913 TKL ホワイト 薄型 GLスイッチ タクタイル 日本語配列 LIGHTSPEED 無線 Bluetooth 接続対応 LIGHTSYNC RGB G913-TKL-TCWH 国内正規品
Logicool G ロジクール G ゲーミングキーボード テンキーレス ワイヤレス G913 TKL ホワイト 薄型 GLスイッチ タクタイル 日本語配列 LIGHTSPEED 無線 Bluetooth 接続対応 LIGHTSYNC RGB G913-TKL-TCWH 国内正規品

って考えるとメカニカルキーボードで6,000円は安いほうなのでは。光るし。

テンキーレスだったり、光ったりもしなければもう少し安いのも存在するけどこれ以上価格が下がると品質に致命的な問題がではじめそうな気がするので使えるものではここが底辺だと思っている。

高級キーボードと比べてみる

じゃあ高級キーボードとどこが違うんだ、って話。今回はキーの数が同じで余計な機能がついていない[Logicool G512]と比較してみようと思う。違うところだけ挙げる。コレ以外の気になる機能の有無は同じだと思ってもらえれば。

Logicool G ロジクール G ゲーミングキーボード 有線 G512 GXスイッチ リニア メカニカル キーボード 静音 日本語配列 LIGHTSYNC RGB G512r-LN 国内正規品 【 ファイナルファンタジーXIV 推奨周辺機器 】
Logicool G ロジクール G ゲーミングキーボード 有線 G512 GXスイッチ リニア メカニカル キーボード 静音 日本語配列 LIGHTSYNC RGB G512r-LN 国内正規品 【 ファイナルファンタジーXIV 推奨周辺機器 】

ちなみに僕はG512は持ってないので、仕様書の内容を参考に比べつつZ88は実際の使用感も加えて述べていこう。

機能E元素 Z88Logicool G512
スイッチOutemuGX(Logicoolオリジナル)
配列英語日本語
USBポートないある
キー耐久5000万回7000万回
保証1年2年
専用ソフトなし(あり)G HUB
マツコの知らない世界出てない出た

スイッチ

価格差の主な原因はここ。スイッチにもブランドがあるわけよ。ほとんどCherryMX製のコピーではあるのだけども、だからキーキャップの互換性があるとかそういう話でその話は飛ばす。

Z88は安いキーボードはこれしか選択肢がないのであろう中華の格安スイッチ、Outemuで、G512はどうやらLogicoolオリジナルの軸を採用しているらしい。オリジナルとかいくらでも高くできるからな!AppleのLightningとかな!

とはいえプロが使うほどに信頼されたLogicoolが考えた最強のスイッチではあるので、反応性耐久性共に全く問題はないはずである。

その点Z88の商品ページには面白い文言がある。

■このキーボードの赤軸はPCBにはんだ付けされていないため、ユーザーが簡単に取り外して交換可能です。「キーが反応しない」場合、お客様は問題があるキーの軸を交換してもいいです。

E元素 Z88 Amazon商品ページより

Z88にはスイッチが5個付属している。親切~!じゃないのよ。

5個付属させるほどに耐久性に問題があるというのを自白しているも同然。壊れやすいしなんなら初期不良も全然あり得るけど代わりはつけてるから自分で交換してね~っていう。

そんで取り外せるとは言われても固いんでなかなか骨の折れる作業にはなる。

ただ、実際には3年で1キーも壊れてない。もうちょっと自信持ってもいいんじゃないのか…。

反応性に関しても普通に使えるレベル。体感できるほどの遅延はないし、バグって暴発したりなんてことも一切ない。エンジョイ勢の僕でも流石にこれ以上の反応速度は必要ないよな、ってのがわかる。

もちろんその体感できないレベルの反応速度の安定性を求めていくのがLogicoolだったりRazerだったりの信頼につながるわけだけども。

配列

これは好みの問題なので僕の話をする。

確かにZ88には英語配列しかなかったから英語配列を使い続けた結果英語配列に慣れてしまった経緯があるのだけども、サブPCで日本語配列キーボードに戻った時に日本語配列の不都合さは感じてしまう。

具体的に何故かというのは別に記事にするのかは不明だけどここで話してもしょうがないのでスキップする。一個挙げるならエンターデカすぎ~!

ただG512も海外で買えば英語配列なのだけど日本での定価入手はほぼ不可能なため、僕としてはG512の欠点になる。

日本語配列のほうが好きな人はZ88には日本語配列が存在しないのでZ88の欠点になる。

ただ「キーの印字と違うキーが打たれる!」とかいうレビューがよくZ88には発生してるんだけどこれはWindows側の設定が日本語配列になってるだけなので変更してください。

こういうのが発生するのも格安キーボードへの信頼のなさなのかなとは感じる。

USBポート

あるキーボードの方が珍しい。Z88にないことに違和感がない。

いる?一個キーボードの奥に増えるだけよ?

キー耐久

2000万回もの差がある。どこまで信用できるものなのかは両者共に怪しいのだけど。

ただZ88の5000万回にすらたどり着けるのか。

例えば僕のブログ記事の平均文字数はだいたい6000字。漢字もあるので1文字あたり平均3回の打鍵があるとしよう。1記事あたり18000回の打鍵。104キーあるので割ってあげると1キーあたり173回。

寿命が5000万回なので289017記事書いたところでようやく壊れるらしい。

現実的ではない。かなり単純計算ではあるものの一桁減らしても無理!

実際の耐久性に関してもスイッチの項目で述べたように一切の故障がない。G512はそれ以上の安心感を確保できるであろうけども。

保証

これも1年の差があった。

不良品を引かない天才なのか、メーカー保証は一回も使ったことがないのだけど、Z88は1年でG512は2年。

E元素がほんとに保証対応してくれんのか?という疑問はある。

けどなんとかかんとか連絡して返品して新品を待って…をする価値が6,000円のキーボードにあるのかも微妙。

ただ初期不良だけは困るのであるだけ安心できる。

専用ソフト

専用ソフトといえば、LEDの光り方を変えたり、キー割り当てを変更したりするもの。

LogicoolにはG HUBというものがあり、G512に限らずLogicool製品でソフト対応しているものは全てG HUBでの操作が可能。

E元素にそういうソフトは存在しない。

ので、キーの割り当て変更はできないし、LEDの光り方変更だって物理[Fn+Ins]での変更しかできない。

はずだった。

これがなんとDREVOという中華のキーボードメーカーがあるのだけど、そこが出してるソフトを使うことで何故かE元素のZ88の操作ができてしまうのだ。

これにて光り方の変更はもちろん、8段階しかなかった色も細かく設定できてしまうし、キーの割り当て変更も可能に。

もちろん公式サポートではない。

キー配列こそ同じだがソフトにはDREVO製品のキーボードが表示されている。キーボードかソフトのどちらかの認識が誤っている。

表示されるだけならまだしもバグらずに操作ができるのが謎。

これに関しては僕の所持しているZ88で起こった出来事なので全Z88、全E元素製品で可能なのかは不明。Z88はたぶんいけるけどソフト前提で購入はしないでくれ。

ソフトの方はタダ。

Software | DREVO :: Game With Cool Tech. - 北京繁石简作科技有限公司

DREVO Power Console-DPC (Windows)ってやつ。

ちなみにDREVO製品を購入したからこのソフトに出会った。こちらはZ88よりオススメはしないので記事にするかは微妙だけど動画にはしているからどうぞ。

5:31あたりから専用ソフトについて説明している。

マツコの知らない世界

これはなんかG512の商品ページに

【マツコの知らない世界】で紹介されました。TBSの人気バラエティ番組「マツコの知らない世界」(2020年7月21日放送)で紹介されたG512メカニカルキーボード。心地よいタイピングにマツコも驚く。専門家もキーボードへの投資は、作業効率だけでなく疲れにくさにも寄与すると語りました。

Logicool G512 Amazon商品ページより

って書いてあったのが面白かったので載せただけ。俺もこの回ちらっと見たよ。さすがプロ世界で使われるだけある。

E元素のテレビ出演は程遠い。

欠点

割と頑張ってる方だとは思うんだけど流石に6,000円の弊害は存在する。

これは格安キーボード共通だと思うんだけど、メカニカルキーボードの性質上基盤なのかバネなのか、強く打鍵した際に耳に響くカーンといった金属音が鳴ってしまう。

常時イヤホンをしているので気にせず3年間使えたわけだけど、静かな部屋でこのキーボードを打鍵していると間違いなく気になってくると思う。すごく耳によくなさそうな音だから不安になってくる。

ここらへんの品質管理が徹底されているのが大手企業の高級キーボードなので、6,000円にそこまで求めるのは難しい。

デザインがいい

他の高級キーボードに浮気しなかった理由は金銭的な問題ではない。

Z88はデザインがいい。

ゲーミングキーボードにありがちな、キー以外の音量調節等の謎のボタンもついておらず、キーキャップの印字も必要最低限の情報量でとてもスッキリした見た目になっている。

ごちゃごちゃつけても安っぽさが露呈してしまうだけなのでここまで絞ったデザインになっているのは尊敬する。

似たデザインがRazerには存在している。これはカッコいい。

Razer キーボード BlackWidow Lite Mercury White メカニカル キーボード 静音オレンジ軸 テンキーレス 英語US配列 【日本正規代理店保証品】 RZ03-02640700-R3M1
■白色を基調とした「MERCURY EDITION」シリーズ キーボード、マウス、マウスパッド、ヘッドセット、ゲームパッド、マイク、ヘッドホンスタンドの9種類のMercuryシリーズを展開。 あなたのゲーミング環境にホワイトの彩りを加えます。 コンパクトなレイアウトと取り外し可能 なケーブル Razer BlackWi...

浮気しました

3年愛したんだけどこの前ついに高級キーボードに浮気した。

3月から環境をちょっと変えるのでそのついでにデバイスも一新するかということでキーボードもマウスも買い換えたというところ。

購入したのは[Varmilo 87 Moonlight]。17,170円。Z88が3台買えそう。

Varmilo 87 Moonlight ANSI Keyboard
使用用途や環境に応じて好みのスイッチを選択可能

何故か在庫切れで俺の怪文書だけが残っている。もう入荷しないんだろうか。

まだ軽く触っただけで3月までは封印しているので、それまでこのZ88を使います。この記事もZ88で書いとる。

もう少しよろしく。

動画で確認

LEDのレパートリーや、打鍵音、欠点の金属音の実際の音声はここから見てみてくれ。

E元素メカニカル式ゲーミングキーボード104キー 茶軸・赤軸・青軸アンチゴーストキー RGB発光LEDバックライト付き 標準英語配列 防水機能付き Windows XP/Vista / 7/8/10対応のゲーム用キーボード(赤軸,ホワイト) [並行輸入品]
E元素メカニカル式ゲーミングキーボード 赤軸アンチゴーストキー RGB発光LEDバックライト付き 標準英語配列104キーUSB有線ゲーム用キーボード 防水機能付き(赤軸,ホワイト)
タイトルとURLをコピーしました